効果的なスキンケア

大人ニキビを治すには、日頃のスキンケアが大事です。化粧落としから肌を保湿するまで、なるべく肌に負担をかけないように心がけましょう。

スキンケアをする上で気をつけてほしいポイントは、「油分を落としすぎないこと」と「肌に強い力をかけないこと」の二点。それを踏まえた上でオススメなのは、化粧落としにはジェルタイプのものを使用することです。ジェルタイプの化粧落としは洗浄力があまり強くないため、肌に一定の油分は残すことができます。だからと言って化粧落ちが悪いということはなく、優しく丁寧に洗えばしっかり化粧は落とせます。そして、洗顔ではたっぷりと泡を泡立てましょう。泡は強く肌をこすらなくても汚れを落とせるので、肌への負担が最小限で済みます。このように、泡洗顔はトラブルを抱えた肌に優しい洗顔方法なのです。

また、「ニキビ肌に保湿」は余計な油分を与えてしまうので良くないのでは、と考えている方も多いでしょう。しかし、ニキビがある肌にこそ保湿は必要なもの。保湿する際は特に、皮脂の過剰分泌を抑えてくれる「砂糖」が配合された化粧水を使うとより効果的でしょう。ちなみに、ニキビ予防スキンケア通販【みんなの肌潤糖】では、砂糖を使用したスキンケアを販売しています。砂糖は浸透力が高く、保湿力も高いので水分をキープしてくれます。

甘い煮豆を思い浮かべてみてください。はじめは乾燥して硬かった豆でも、ふっくら、モチモチになりますよね。
あれは砂糖の「浸透力」によって、水分をしっかり内部まで浸透させ、「吸水・保湿力」によって、水分をしっかりキープしているからなんです。
また、砂糖には「殺菌力」があることから、ジャムなどの保存食品にも昔から使われてきました。

大人ニキビは乾燥によって引き起こされているため、砂糖が配合されているスキンケアを使用して保湿をしていきましょう。

生活習慣の見直し

思春期ニキビとは違い、大人ニキビは日頃の生活習慣も関係してくるのがポイント。睡眠時間や食生活を見直すだけで、肌の調子がいつもより良くなります。ニキビ肌で悩んでいる方は、自分の生活習慣を見直してみましょう。

きれいな肌をつくるための第一歩は、睡眠時間を確保することです。肌の修復や再生は寝ている間に行われるため、睡眠時間が短いとそれだけ肌の再生時間も短くなることに。理想は肌のゴールデンタイムと言われている22時~2時までの間に眠りについていることですが、社会人ともなるとなかなかそうもいきません。その場合は、できるだけ規則正しい生活を心がけてください。

また、ニキビを治したいならば食事にも気を遣いましょう。肌の再生を促す成分は「タンパク質」と「ビタミン類」です。タンパク質ならば、肉や魚、チーズや牛乳などの乳製品、大豆食品が挙げられます。ビタミン類ならば、果物やニンジン、カボチャ、ナッツ類が代表的な食品です。このような食品を重点的に摂取しながらも、食事は栄養バランスの整ったものを意識すると良いでしょう。当たり前のことですが肌の調子は、自分の食べたものが関係してきます。ニキビを治したい方は、食生活を改善してみてください。